第三回『私の評価レビュー』(2/5)

第三回『私の評価レビュー』(2/5)

 

レビューを書いてみる!

皆さん、こんにちは!
今回も企画の評価に関わらず、サイト閲覧者様が「素晴らしい!」と思った短編小説に自分の思った評価を伝える「私のレビュー」を公開します。
第三回の「私のレビュー」は投稿数が非常に多かったこともあり、5回を分けて公開したいと思います!
今回は第2回目です!

第三回ナロラボ杯評価レビュアーによる評価はこちらから読むことができます。

多摩 さんによる「ディザスタ 」の個人評価

今回の企画参加者でもあります『多摩』さんの投稿です。

Twitter ID:@yoshihito_tama

感想:一読して可愛らしい短編だと思いました。たぶん一部の人に対して、こういう濃い印象を与える短編というのはとても「強い」短編なのだと思います。共感してくださる方は多いだろうと信じているのですが、何か一つ突き抜けたところがあると、それだけで満足できるということは往々にしてあるものです。 この作品であれば、見慣れぬ熟語が多数現れるたり(こういう文章にノリづらい人は多そうです)、物語に起伏があまりなく、後半は作者さんのおっしゃる通りひたすら甘い展開が続くなど、決して一編の短編として完成度が極めて高いというわけではないのですが、とにかくメイン二人の関係が可愛らしかったため、それだけで満足感がある作品だと感じました。(多摩)

絶賛された『ディザスタ』はこちらから読めます。

 

多摩 さんによる「天気予定 」の個人評価

続いては、今回の企画参加者でもあります『多摩』さんの投稿です。

Twitter ID:@yoshihito_tama

感想:コロニー内の気象管理、というSF的な要素を、雪野と矢野の恋愛に絡めようという努力が見えた点がとても良かったです。雪というものはよくラブストーリーを演出する道具として使われることがありますが、雪というものに希少性を与えることで、二人の関係をドラマチックに描こうという意思が感じられたように思います。 その上でこのようなことを申し上げるのは心苦しいのですが、<サプライズ・ウェザー>という制度自体は二人の関係に大いに影響しているように感じられたものの、雪が降ってからの二人の会話は<サプライズ・ウェザー>によって天気が雪になった、という点にあまり左右されないようなものだったところに、少し寂しさを感じました。(多摩)

絶賛された『天気予定』はこちらから読めます。

 

多摩 さんによる「喫茶店の渋おじさまと、常連ちゃん 」の個人評価

最後はなんと!今回の企画参加者でもあります『多摩』さんの投稿です。

Twitter ID:@yoshihito_tama

感想:とても読みやすい作品であると同時に、手堅くまとめてある作品で、プロの巧さを感じさせる作品でした。特に、主人公の女の子の心情を語るのに三人称を選んだ点、固くなりがちな三人称でも朗らかに彼女の心情を語る事が出来ていた点など、細やかな点に巧さが光っているように思われます。とにかく「腕」の勝利のような作品でした。 しかし同時に、どこまでも物語のトーンが一定なので、するすると通り過ぎて行ってしまうような感も覚えました。それが狙いであろう作品にこれを言うこと自体野暮なのでしょうけれど(そして、言うだけなら簡単であることを十分に承知した上で申し上げますが)、もう少しフックになる何かがあれば、と感じました。(多摩)

絶賛された『喫茶店の渋おじさまと、常連ちゃん』はこちらから読めます。

あなたも作品を評価してみよう!『私の評価レビュー』のコーナー

レビューを書いてみる!

上記の三つの投稿のように、このコーナーでは第三回に参加した作品の中に対するあなたの感想を募集します。

20作品は多いから読めないけど、1作品くらいは審査員してみたかったなぁ

レビュアーじゃないけど、俺だったらこの作品にはこの得点出すのになぁ

あの作者に、面白かったと伝えたい!

そんな皆様からの批評・感想を、サイトの閲覧者様から募集し、掲載します。

本来の企画の得点には一切関与しませんが、ナロラボが「面白い!」「作者さんに伝えてあげたい!」と思った批評をピックアップし、企画終了後、『読者レビュアーページ』と題して公開したいと思います。基本は作者さんが喜ぶようなコメントをピックしたいと思っています。

※基本的に20.5を超えるポジティブな評価のみを公開する予定です!しかし「これは熱い感想だ!」と思ったときはB評価でも掲載します!

実際の評価には一切関与しないので、全ての項目に「5点」を出して、あなただけのS評価作品も作ることができます。

レビュアー名の公開・非公開を選んで、投稿していただいた評価を元に『私の評価シート』として作成して公開させていただきます。

ちょっと気になった方・またはやってみたい方は以下の欄から入力してみてください!

第三回 参加作品一覧はこちら。

レビューを書いてみる!

 

皆さんからのお便り、お待ちしております!