第三回『私の評価レビュー』(5/5)

第三回『私の評価レビュー』(5/5)

 

レビューを書いてみる!

皆さん、こんにちは!
今回は企画の評価に関わらず、サイト閲覧者様が『素晴らしい!』と思った短編小説に自分の思った評価を伝える『私のレビュー』を公開します。
第三回の「私のレビュー」は投稿数が非常に多かったこともあり、5回を分けて公開してきました!
今回はラストとなる第5回目です!

第三回ナロラボ杯評価レビュアーによる評価はこちらから読むことができます。

 恐怖院怨念さんによる『喫茶店の渋おじさまと、常連ちゃん』の個人評価

次に第二回ナロラボ杯参加者である『恐怖院怨念』さんの投稿です。
Twitter ID:KYOFU_in_O

感想:私的には、これがおそらく今回の中では最も総合力の高い作品なんじゃないかと思いました。 やや単調に思った箇所はありましたが、丁寧で読みやすく、キャラクターも魅力的。マスターの細かい動きや描写によって見事に喫茶店の世界を描ききっていると感じました。 一番魅力的だと思ったのはやっぱり渋おじさまと常連ちゃんのやりとりで、特に常連ちゃんの心の流れは共感できるもので、その演出力にも文句のつけようがないなと思いました。(恐怖院怨念)

絶賛された『喫茶店の渋おじさまと、常連ちゃん』はこちらから読めます。

Veilchenさんによる『この勝負だけは――勝ちたい』の個人評価

第三回ナロラボ杯参加者である『Veilchen』さんの投稿です。
Twitter ID:@Veilchenfeld 

感想:将棋の世界の厳しさと、それでも離れられない魔力を伝える作品でした。将棋の世界には全く詳しくないのですが、プロを目指す棋士を主人公に据えながら昇段システムのシビアさや、対局中の状況を説明的とは感じずに読むことができたところ、文章には相当気を配られたと思います。後のない一戦の、余裕がない心理をメインとして描いていたため、表現はあえて凝らずに剥き出しの感情を描いていると感じました。そのため、構成と表現の項目で大幅な加点ができませんでしたが、引き込まれた度合い、ぐいぐいと読み進めさせられた勢いはS評価に値すると思いました。(Veilchen)

絶賛された
『この勝負だけは――勝ちたい』はこちらから読めます。

あなたも作品を評価してみよう!『私の評価レビュー』のコーナー

レビューを書いてみる!

上記の三つの投稿のように、このコーナーでは第三回に参加した作品の中に対するあなたの感想を募集します。

20作品は多いから読めないけど、1作品くらいは審査員してみたかったなぁ

レビュアーじゃないけど、俺だったらこの作品にはこの得点出すのになぁ

あの作者に、面白かったと伝えたい!

そんな皆様からの批評・感想を、サイトの閲覧者様から募集し、掲載します。

本来の企画の得点には一切関与しませんが、ナロラボが「面白い!」「作者さんに伝えてあげたい!」と思った批評をピックアップし、企画終了後、『読者レビュアーページ』と題して公開したいと思います。基本は作者さんが喜ぶようなコメントをピックしたいと思っています。

※基本的に20.5を超えるポジティブな評価のみを公開する予定です!しかし「これは熱い感想だ!」と思ったときはB評価でも掲載します!

実際の評価には一切関与しないので、全ての項目に「5点」を出して、あなただけのS評価作品も作ることができます。

レビュアー名の公開・非公開を選んで、投稿していただいた評価を元に『私の評価シート』として作成して公開させていただきます。

ちょっと気になった方・またはやってみたい方は以下の欄から入力してみてください!

第三回 参加作品一覧はこちら。

レビューを書いてみる!

皆さんからのお便り、お待ちしております!